万葉の故地を写真で巡る 万葉の風景

トップ頁
プロフィール
万葉の風景
万葉の花
作家の顔
雑歌
相聞歌
挽歌
その他
雑記帳
リンク



 
古代歌謡
会津八一の歌
 



万葉の花

万葉集には、野の花が大変多く詠み込まれています。日本人の花鳥を尊ぶ文化伝統の源流は、万葉集にあるといっても過言ではないと思います。"万葉の花"では、写真に重きを置いて、これらの花々を紹介していきます。

作者 写真
01-0020 あかねさす 紫野行き 標野行き 野守は見ずや 君が袖振る 額田王 あかね
01-0054 巨勢山の つらつら椿 つらつらに 見つつ偲はな 巨勢の春野を 坂門人足 椿 UP
01-0064 葦辺行く 鴨の羽交ひ(はがい)に 霜降りて 寒き夕は 大和し思ほゆ 志貴皇子 UP
02-0158 山吹の 立ちよそひたる 山清水 汲みに行かめど 道の知らなく 高市皇子 山吹 UP
02-0166 磯の上に 生ふる馬酔木(あせび)を 手(た)折らめど 見すべき君が 在りと言はなくに 大伯皇女 馬酔木 UP
02-0231 高円の 野辺の秋萩 いたづらに 咲きか散るらむ 見る人なしに 笠金村 UP
03-0330 藤波の 花は盛りに なりにけり 奈良の都を 思ほすや君 大伴四綱 UP
03-0334 忘れ草 我が紐に付く 香具山の 古りにし里を 忘れむがため 大伴旅人 わすれ草
(やぶかんぞう)
UP
03-0453 我妹子が 植ゑし梅の木 見るごとに 心咽せつつ 涙し流る 大伴旅人 UP
04-0675 おみなえし 佐紀沢に生ふる 花かつみ かつても知らぬ 恋もするかも 中臣郎女 おみなえし
05-0758 妹が見し 楝(あふち)の花は 散りぬべし 我が泣く涙 いまだ干なくに 山上憶良 栴檀
05-0802 瓜食めば 子ども思ほゆ 栗食めば まして偲はゆ いづくより 来りしものぞ まなかひに もとなかかりて 安寐し寝さぬ 山上憶良
05-0818 春されば まづ咲くやどの 梅の花 独り見つつや 春日暮らさむ 山上憶良 UP
05-0822 我が園に 梅の花散る ひさかたの 天より雪の 流れ来るかも 大伴旅人 UP
05-0834 梅の花 今盛りなり 百鳥の 声の恋しき 春来るらし 田氏肥人 UP
06-0970 指進(さすすみ)の 栗栖(くるす)の小野の 萩の花 散らむ時にし 行きて手向けむ 大伴旅人 UP
07-1249 君がため 浮沼(うきぬ)の池の 菱摘むと 我が染めし袖 濡れにけるかも 柿本人麻呂
07-1257 道の辺の 草深百合の 花笑みに 笑みしがからに 妻と言ふべしや 古歌 山百合
07-1351 月草(つきくさ)に 衣は摺らむ 朝露に 濡れての後は うつろひぬとも 作者不詳 露草 UP
08-1418 石走る 垂水の上の さわらびの 萌え出づる 春になりにけるかも 志貴皇子
08-1424 春の野に すみれ摘みにと 来し我れぞ 野をなつかしみ 一夜寝にける 山部赤人 すみれ UP
08-1429 娘子らが かざしのために 風流士の かづらのためと 敷きませる 国のはたてに 咲きにける 桜の花の にほひはもあなに 若宮年魚麿
08-1440 春雨の しくしく降るに 高円の 山の桜は いかにかあるらむ 河辺東人
08-1444 山吹の 咲きたる野辺の つほすみれ この春の雨に 盛りなりけり 高田女王 山吹
/すみれ
UP
08-1461 昼は咲き 夜は恋ひ寝る 合歓木(ねぶ)の花 君のみ見めや 戯奴さへに見よ 紀州女郎 合歓
08-1472 霍公鳥(ほととぎす) 来鳴き響(とよ)もす 卯の花の 伴にや来しと 問はましものを 石上堅魚 卯の花 UP
08-1473 橘の 花散る里の 霍公鳥 片恋しつつ 鳴く日しぞ多き 大伴旅人
08-1485 夏まけて 咲きたるはねず ひさかたの 雨うち降らば 移ろひなむか 大伴家持 はねず
08-1500 夏の野の 茂みに咲ける 姫百合の 知らえぬ恋は 苦しきものぞ 大伴坂上郎女 姫百合
08-1557 明日香川  行き廻る岡の 秋萩は 今日降る雨に 散りか過ぎなむ 丹比真人国人 UP
08-1630 高円の 野辺の容花(かおばな) 面影に 見えつつ妹は 忘れかねつも 大伴家持 昼顔 UP
09-1747 白雲の 龍田の山の 瀧の上の 小椋の嶺に 咲きををる 桜の花は 山高み 風しやまねば 春雨の 継ぎてし降れば ほつ枝は 散り過ぎにけり 下枝に 残れる花は しましくは 散りな乱ひそ 草枕 旅行く君が 帰り来るまで 高橋虫麻呂 UP
09-1748 我が行きは七日は過ぎじ龍田彦ゆめこの花を風にな散らし 高橋虫麻呂 UP
09-1749 白雲の 龍田の山を 夕暮れに うち越え行けば 瀧の上の 桜の花は 咲きたるは 散り過ぎにけり ふふめるは 咲き継ぎぬべし こちごちの 花の盛りに あらずとも 君がみ行きは 今にしあるべし 高橋虫麻呂
09-1750 暇あらば なづさひ渡り 向つ峰の 桜の花も 折らましものを 高橋虫麻呂
08-1833 梅の花 降り覆ふ雪を 包み持ち 君に見せむと 取れば消につつ 作者不詳
10-1860 花咲きて 実はならねども 長き日に 思ほゆるかも 山吹の花 作者不詳 山吹
10-1866 雉鳴く 高円の辺に 桜花 散りて流らふ 見む人もがも 作者不詳 UP
10-1867 阿保山の 桜の花は 今日もかも 散り乱ふらむ 見る人なしに 作者不詳 UP
10-1879 春日野に 煙立つ見ゆ 娘子らし 春野のうはぎ 摘みて煮らしも 作者不詳 うはぎ
10-1887 春日なる 御笠の山に 月も出でぬかも 佐紀山に 咲ける桜の 花の見ゆべく 作者不詳
10-1903 我が背子に 我が恋ふらくは 奥山の 馬酔木の花の 今盛りなり 作者不詳 馬酔木
10-1985 真葛延ふ 夏野の繁く かく恋ひば まこと我が命 常ならめやも 作者不詳 UP
08-1598 さを鹿の 朝立つ野辺の 秋萩に 玉と見るまで 置ける白露 大伴家持 UP
10-2281 朝露に 咲きすさびたる 鴨頭草(つきくさ)の 日くるるなへに 消ぬべく思ほゆ 作者不詳 露草 UP
11-2480 道の辺の いちしの花の いちしろく 人皆知りぬ 我が恋妻は 柿本人麻呂 彼岸花
11-2756 鴨頭草(つきくさ)の 仮れる命に ある人を いかに知りてか 後も逢はむと言ふ 作者不詳 露草 UP
12-2970 桃染めの 浅らの衣 浅らかに 思ひて妹に 逢はむものかも 作者不詳 UP
13-3289 み佩かしを 剣の池の 蓮葉に 溜まれる水の ゆくへなみ 我がする時に 逢ふべしと 逢ひたる君を な寐ねそと 母聞こせども 我が心 清隅の池の 池の底 我れは忘れじ 直に逢ふまでに 作者不詳
13-3305 物思はず 道行く行くも 青山を 振り放け見れば つつじ花 にほえ娘子 桜花 栄え娘子 汝れをぞも 我れに寄すといふ 我れをもぞ 汝れに寄すといふ 荒山も 人し寄すれば 寄そるとぞいふ 汝が心ゆめ 作者不詳 つつじ UP
14-3500 紫草は 根をかも終ふる 人の子の うら愛しけを 寝を終へなくに 東歌 紫草 UP
14-3505 うちひさつ 宮能瀬川の かほ花の 恋ひてか寝らむ 昨夜も今夜も 東歌 昼顔
14-3508 芝付の 御宇良崎なる ねつこ草 相見ずあらば 我れ恋ひめやも 東歌 翁草
16-3826 蓮葉は かくこそあるもの 意吉麻呂(おきまろ)が 家なるものは 芋の葉にあらし 長意吉麿 UP
16-3837 ひさかたの 雨も降らぬか 蓮葉に 溜まれる水の 玉に似たる見む 作者不詳 UP
17-3921 かきつばた 衣(きぬ)に摺り付け 大夫(ますらお)の 着襲(きそ)ひ猟(かり)する 月は来にけり 大伴家持 杜若 UP
18-4074 桜花 今ぞ盛りと 人は言へど 我れは寂しも 君としあらねば 大伴池主 UP
18-4077 我が背子が 古き垣内の 桜花 いまだ含めり 一目見に来ね 大伴家持 UP
18-4106 大汝 少彦名の 神代より 言ひ継ぎけらく 父母を 見れば貴く 妻子見れば かなしくめぐし うつせみの 世のことわりと かくさまに 言ひけるものを 世の人の 立つる言立て ちさの花 咲ける盛りに はしきよし その妻の子と 朝夕に 笑みみ笑まずも うち嘆き 語りけまくは とこしへに かくしもあらめや 天地の 神言寄せて 春花の 盛りもあらむと 待たしけむ 時の盛りぞ 離れ居て 嘆かす妹が いつしかも 使の来むと 待たすらむ 心寂しく 南風吹き 雪消溢りて 射水川 流る水沫の 寄る辺なみ 左夫流その子に 紐の緒の いつがり合ひて にほ鳥の ふたり並び居 奈呉の海の 奥を深めて さどはせる 君が心の すべもすべなさ 大伴家持 ちさ
(えごのき)
19-4139 春の園 紅にほふ 桃の花 下照る道に 出で立つ娘子 大伴家持
19-4142 春の日に 張れる柳を 取り持ちて 見れば都の 大道し思ほゆ 大伴家持 UP
19-4143 もののふの 八十娘子らが 汲み乱ふ 寺井の上の 堅香子の花 大伴家持 かたくり
19-4175 霍公鳥 今来鳴きそむ あやめぐさ かづらくまでに 離るる日あらめや 大伴家持 菖蒲草
19-4291 我が宿の い笹群竹 吹く風の 音のかそけき この夕かも 大伴家持
20-4297 をみなへし 秋萩しのぎ さを鹿の 露別け鳴かむ 高円の野ぞ 大伴家持 おみなえし
,秋萩
20-4352 道の辺の 茨(うまら)のうれに 延ほ豆(はほまめ)の からまる君を はかれか行かむ 丈部鳥 うまら
(のいばら)
20-4448 あぢさゐの 八重咲くごとく 八つ代にを いませ我が背子 見つつ偲はむ 橘諸兄 紫陽花 UP
20-4515 秋風の 末吹き靡く 萩の花 ともにかざさず 相か別れむ 大伴家持 UP


トップ頁 プロフィール 万葉の風景 万葉の花 作家の顔 雑歌 相聞歌 挽歌 雑記帳 リンク

万葉集の風景 "View of Manyou" HP開設: 2008/5/1 頁更新: 2012/2/19 Copyright(C) 2008 Kosharaku All Rights Reserved

inserted by FC2 system